オストミー協会ホームページ

 
 
HOME » ストーマケアってなに?

ストーマケアってなに?

オストメイトは排泄物をストーマ装具(便や尿を溜める袋)をつけて生活します。

入院中は看護師さんがパウチ(袋)を交換してくれても、退院後はご自分もしくは家族が交換しなけばなりません。

高齢の方なら訪問看護の方が交換することもあるでしょう。

顔のかたちが違うように、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)のかたちも様々です。またお腹が出ていたり、痩せたり、しわがあったり。

最初のうちは漏れたりするかもしれません。

正しく装着すれば、日常生活を問題なく過ごすことも出来ますし、旅行も行けます。

そのためには、交換の仕方や洗浄方法など正しい知識を身につけておく必要があります。

退院前に指導がある場合は、家族と一緒になるべく聞いておきましょう。

また、配偶者に任せっきりで自分で取り替えが出来ないということがないよう協力して行いましょう。

高齢化が進み、今後は老人保健施設や訪問看護がケアすることも増えていくと思います。

慣れている方ばかりではありませんので、家族のサポートが必要です。

今はストーマ装具も昔に比べ改良されていますし、洗浄剤などケア商品も充実していますので、活用して下さい。

認定看護師によるストーマ外来がある病院で手術された方は、必ずストーマ外来を受診しましょう。

thumb_26700_614coropuraremover_01ベーテル